navi_tgl_01.png navi_tgl_02.png navi_tgl_03.png navi_tgl_04.png navi_tgl_05.png navi_tgl_06.png

実家の父が・・・

0
    我が家の薪ストーブ。
    楽しみにしているのは私たちだけではないようで・・・

    実家の父に薪ストーブを入れることを伝えたらもともと動く事が大好きな父がはりきり出して、今から薪木を集め始めました。
    ついには、先日、薪割機を買う!と言いだし・・・即、購入。
    家が建つのはまだ先だし、ストーブを使うのも1年後・・・まだ早いよなーと思いながらもありがたくお願いしておくことにしました。

    実は父も前から薪ストーブに興味があったらしく、もう一度家を建てるなら薪ストーブを設置したかったそうです。
    ストーブの前で火の番をしながらゆっくりしたかったんだとか。

    我が家が完成したらたくさん来てもらって、ストーブの前でゆっくりとした時間を過ごしてもらおうと思いました。

    土間。

    0
      先日の「間取りの希望」から・・・「キッチン+土間」について。

      当初は、LDK・水回り・和室というプランでした。
      ですが、「キッチン+土間」が諦めきれず、打ち合わせの時にその旨を伝えました。

      打ち合わせ中も素人の私の意見を真摯に聞いてくれて、ここにキッチンをもってこようかとか、階段の位置は・・・など、本当にいろいろ考えてくれました。
      なかなか全てを!とは難しく、広さ的に和室も土間もと詰め込み過ぎては、生活しづらく居心地の悪い空間になってしまうとの事でした。
      そして、最終的には半規格型の3.5×5間に土間の部分をプラスする事になりました。
      私たちの要望そのままでなく、住んでからの生活を考えてくれる提案がとてもうれしかったです。

      「土間があったらやはり薪ストーブが置きたい!」

      少々金額的な面で・・・薪ストーブの設置は微妙でした。
      土間にストーブの場所だけ確保しておいて、後から・・・とも思ったのですが、後になってはやらずじまいになってしまうだろうと思い、薪ストーブを優先し、和室を断念しました。
      贅沢を言えば、和室も欲しかった。
      少し横になるにも洗濯物をたたむにもあればよい場所だと思います。
      私たちの場合、3畳程度の和室ならどうにか可能だったのですが、広さ的に十分に和室をとれないのなら土間やストーブを入れることにしました。

      和室は諦めましたが、家守から代わりに脱衣室の隣に2畳ほどのウォークインクローゼットという提案をもらいました。
      確かに脱衣室の隣にW.I.Cがあればちょっとした着替えや収納として良いと思いました。
      そして、お風呂場から脱衣室→W.I.C→キッチン→土間→外と通ることができ、その家事動線がとても気に入りました。
      家事をする身からしても動きやすい空間となると思います。

      半規格型でも自分の意見を取り入れてもらえて、一緒に形にしていくという満足感がある間取り決めとなりました。

       

      造成完了〜!

      0
        やっと造成完了しました。
        これからすぐに地鎮祭・地盤調査となります。
        造成が終わってみたら自分が思っていた以上に盛土してあったので、
        地盤調査の結果がどうなるか・・・

        いよいよ始まります!



        間取りの希望。

        0
          私がはじめに家守に伝えた間取りの希望は「キッチンから土間に出られること」

          今まで畑なんてやったことがないのですが、家を建てたら庭で野菜作りをしてみたいのです!
          そして、畑でとった新鮮な野菜をキッチンで調理するのが夢です^^
          なので、畑から土のついたままの野菜を土間に運んで置いたりできるようにしたかったのです。

          スーパーで袋詰めの野菜を買うよりもその日食べる分だけあればいいかなと。。。
          メニューを考えて買い物に行くより、その時収穫できる材料で作れるものを考えるのもいいかなと。。。

          まあ、忙しかったり、生り物なので食べきれなかったり、現実はまた違うんでしょうけど・・・

          一応、理想はゆったりライフです・・・。

          半規格型の家。

          0






            私たちは半規格型にしました。
            基本の3.5×5間の中で間取りを検討し、希望があればプラスしていくタイプです。

            間取りについては、大まかな希望があったので、半規格型にそれを織り込んでもらって提案してもらいました。
            私は基本、家守の家の雰囲気が好きなので、間取りもお任せにしてしまおうとも思ったのですが、多少の希望もあったし、任せきりだと、ただ「家守の建てた家」というだけになってしまうので、自分たちのこだわりもきちんと取り入れてもらいました。

            打ち合わせを進めていく上で大切なのは、自分たちが何を優先するのか、こだわりをどこまで強く希望するか、を明確にしておくことだなぁと思いました。
            自分たちの夢の家なので、あれもこれも・・・と全部叶えたいのが本当のところです。
            でも自分たちの限られた予算もあるので、すべてを形にしてもらうことは難しいだろうし、建築会社の専門家としての提案も重要だと感じました。

            家守との打ち合わせの後は、持ち帰った図面を見ながら主人と何度も話し合いました。
            そして、自分たちの希望の優先順を決め、家守の提案と合わせて、最終的に納得した間取りになりました。
            私たちの場合、自由設計でできた形から予算の為に自分の希望を削っていくよりも半規格型のプランに自分たちのこだわり・希望を盛り込んでいくような今回のスタイルがちょうどよかったのだと思います。

            夢を形にしていく家なのにマイナスしていくのは切ない。
            それなら基本の形にプラスしていく方が楽しい気持ちになれました。

            一生に、たぶん一度きりの家づくりなので、楽しく納得できる家づくりをしていきたいです。


             


            hnavilogo_04.png
            gnvtop_03.png

            gnv_05.png

            gnv_07.png

            gnv_03.png

            gnv_10.png

            gnv_15.png

            gnv_18.png

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 808glassさんの。
            • 808glassさんの。
              808 GLASS

            profile

            search this site.

            others