navi_tgl_01.png navi_tgl_02.png navi_tgl_03.png navi_tgl_04.png navi_tgl_05.png navi_tgl_06.png

よーく考えよう、お金は大事だよー

0



    みなさま、こんにちは。



    いまさらながら、

    あけましておめでとうございます!

    どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。



    この季節、栃木南部は西風が強く

    特にこの冬は雨がほとんど降らずに

    カラカラな状態が続いております。


    いまさらネガティブなことはあまり

    言いたくはないのですが、

    この地で家を建てるにあたって

    個人的に思ったマイナス面は

    この西風と砂埃なんです

    この辺りの田んぼや畑の土は

    『ぽーぽー』と呼ばれ、とても軽い土目なんです。


    新潟方面から群馬北東部、奥日光あたりで雪が降っていると、このあたりは乾いた強い風が吹き、大量の砂埃が舞うのです。

    場所によってはこの砂埃が堆積したりととても厄介なのです。


    この時期は窓の開けっ放しや、外で洗濯物を

    干すと悲惨な目にあうことになるでしょう。(もちろんそれも踏まえた設計にしていただきました)



    何も制約がなくゼロから土地探しをされる方はその土地の季節ごとの条件などの情報を入手しておくことも決め手のひとつになるかもしれません。



    このブログの更新スピードが遅すぎることもあるのですが、

    実際の現場は造作の棚もだいぶ

    出来ていて、これから水まわり

    でしょうか。

    先週、外壁の塗装も終わり、

    まもなく足場も取れるそうです。

    来月末には完成予定となり

    ワクワクが止まりません(笑)






    さて、前回のご提案いただいた図面が実際に決まっていくまでの経過などを記したいと思います。


    曲がった形の図面に決めたのですが

    実は、ここから最終決定するまでが

    一番時間を要することになりました。


    と言うのも、農地転用申請をするまでに建物の大きさ、配置、間取りなどを確定させなくてはならず、細部まで詰めておかなくてはならなかったからです。


    また、宅地に転用する場所(建物を建てて良い場所)にも制約があったこと、分筆をしなくてはならなかったことなども所要時間や

    経費がかかる要因となっておりました。



    荒井さんの設計された図面に対して

    生活することを想像しながら、玄関の向きやトイレや納戸の場所などを変更してもらったり、関根さんが構造的にこの間取りで可能なのかなどの計算をしていただくなど、

    打ち合わせを重ね、大まかな予算を

    出していただきました。


    そして、出てきた金額は当初伝えていた額をオーバーしているものでした。


    ただ、それはワタクシたちの希望が全て入ったもの。


    予算をご提示いただいたときの

    関根さんの第一声は、

    『思っていたよりも額が上がってしまいました。どこを削っていきましょうか?』でした。


    たぶん、住宅メーカーさんや他の工務店さんなんかではお客さまに対してその額でどう納得させるかを言葉巧みに話されるのではないでしょうか?

    長いローンですし、月にしたら数千円ですよーとか言って。



    だってそれが商売ですから。



    こんなこと言っていいのか 

    わかりませんが(たぶん、あまりよくない

    こうゆうガツガツしたところがないのが家守さんの、関根さんの良さなのかもしれません。あくまでもお客さまの立場。



    その時は正直なところ、背伸びしても削りたくない!この間取りで行きたい!

    って思っておりました。

    前述したように、全ての希望をかなえていたので、ここで妥協するのもなぁと。


    とはいえ、削っていくとしたらの

    優先順位をつけて、金額的な目安などをお話しくださいました。


    キッチンやお風呂などのランクを下げることよりも、サイズ(建築面積)が大きいので

    そこを縮めることが、基礎やら木材やらの費用を圧縮でき、金額が落とせることがわかりました。



    すでに金銭感覚が麻痺してる頭を

    クールダウンさせて、冷静な判断が

    できるよう少し時間をいただくことにしました。


    夫婦でじっくり話し合ったり、

    家を建てたばかりの友人に相談にのってもらったりしながら、

    自分たちらしい

    より良い家づくりをめざして

    お話しはこの次に。



    それでは、失礼いたしますー。







    家守さんからのプレゼンっ!〜図面のご提案〜

    0



      みなさま、こんにちは。


      『農民Y』です。


      暖冬傾向で推移していましたが、

      だいぶ寒くなってきましたね。


      カブ通勤のワタクシには辛い時期

      なってきました


      そして、静岡育ちのワタクシには

      トチギのこの寒さは

      かなりこたえます(*´-`)


      この季節、ニラは5℃以下の気温に

      どれだけあたったかで、その後の

      収穫量に影響が出たりします。

      積算温度でスイッチが入るそうです。


      なんて農業小話ですϵ( 'Θ' )϶




      さて、今回はいよいよ家守さんからのプレゼンっ!


      図面をご提案いただいた時のことを

      記したいと思います。



      そんなプレゼンの場所に選ばれたのは宇都宮で完成見学会が開催されていた、これまたステキな木組みの

      お宅でした。


      完成したばかりの木の香りが充満した洗練された空間で、その時を迎えました。



      「まだラフな感じですが」と

      2パターンのご提案がありました。



      1つめは広めの土間ダイニングが印象的な吹き抜けで開放感のある

      間取り。



      2つめはへの字のように曲がった

      おもしろい形の建物で、真ん中にあるキッチンからリビングが

      眺められる間取り。



      荒井さんからそれぞれの特徴などの

      説明をじっくりしていただきました。


      それぞれがワタクシ達の希望や

      想い、周辺環境などを考慮していただいた、それはそれはステキなものでした。



      ただ、一目惚れ?というか、

      グッときたものは夫婦ともに2つめの図面でした。



      なんてったって家の形が曲がってるんですものっ!



      そして、その曲がったリビングの

      部分はワタクシの故郷、静岡の方角を向いた設計にしたというお心遣い。




      金額面など具体的なことはこれからではありましたが、いよいよこれから始まるっ!というワクワク感に

      溢れた記念すべき日となりました。



      この日以降、毎日のように図面を

      眺めながら空想に浸る時間を過ごすことになるのです(笑)




      次回はこんな間があかないように

      いたします。(妻氏に叱られるので


      それでは、失礼しますー。


      設計の荒井さん

      0



        みなさま、こんにちはー。


        『農民Y』です。


        朝晩はだいぶ冷えるようになりましたが、気持ちの良い秋晴れが

        続きましたね!


        先週、休みをとって子どもを連れて

        鬼怒川〜塩原へと紅葉狩りに行ってまいりました!


        日塩もみじライン沿いの木々は、

        それはそれは見事に紅葉しておりました。


        塩原マウントジーンズのゴンドラからの景色は息を飲む美しさ。


        2歳の息子も初めての空中散歩を

        怖がりもせずに見えるものを

        ひたすら言葉にして楽しんでる様子。


        時折、小雪が舞っていたこともあり

        眼下に虹を見ることもできて大興奮でした!






        と、おうちづくりとは無関係な内容で失礼しました…。




        さて、今回はプランニングについて記したいと思います。



        見学会で関根さんにお会いしたときなどになんとなくのざっくりした

        イメージはお伝えしてましたが、設計の荒井さんも含めた打ち合わせをするにあたり、宿題がありました。


        それは、家族構成からどんなライフスタイルなのか、現在所有している家財道具や電化製品などの種類、大きさなどなど細かいところまであぶり出すようなものでした。

        (A4サイズの用紙が5〜6枚あったでしょうか。)



        言わば、自分たち自身の棚卸し的な感じでした。


        これまでの生活を振り返りながら現在を知り、これから新しい家で

        どう暮らしていきたいのか考える

        良い機会となったように思います。



        そして、いざ打ち合わせ。


        設計を担当してくださる荒井さんは

        小柄でほんわか控えめなかわいらしい女性。


        ワタクシたちのまとまりのない考えや希望をじっくりと聞いてくださいました。




        ワタクシたちは


        ・人が集まれる広めの空間

        ・薪ストーブ、土間

        ・野菜やお味噌を保管できるような        

           スペース

        ・収納たっぷり

        ・玄関そばにちょっとしたスペース

        ・客間(和室)


        など思いつくままに希望や憧れを伝えました。


        仕事柄、汚れて帰ってくることも

        多いですし、目の前は畑なので外との繋がりも重要な部分でした。


        打ち合わせをする前に荒井さんも

        実際、現場に来て土地や周辺の状況を見てくださっているのでこちらが思っていることなども

        理解してくださっており、

        話しもスムーズに進みました。



        家守さんの家に惹かれ、我が家はどんな感じになるのだろうと

        荒井さんと関根さんが描いてくれる図面をワクワクしながら待つ時間も

        家づくりの醍醐味の1つだったかもしれません。



        さて、今日はこのあたりでおしまい。


        次回はそんな図面をプレゼンして

        いただくシーンからとなります(^-^)


        家守さんに決ぃーめたっ!

        0



          みなさま、こんにちは。


          『農民Y』です。

          なかなかスッキリした秋空が拝めず

          パッとしない天気が続きますね。


          朝晩は寒くなったりと

          体調を崩す方も多いようですが、

          ワタクシも先週はひさびさの発熱でグッタリとしておりました


          みなさまもお身体、ご自愛くださいませ。



          さて、今回は家守さんに建ててもらうことを決めた理由などを

          記したいと思います。



          ちょこちょこ見学会には参加し、

          ステキなところもたくさん

          あったのですが、なかなか決定打

          がない中で、営業さんが

          いらっしゃるS工房さんには

          見積もりや間取りを提案いただく

          など具体的な話しをしました。


          ワタクシたちの希望や

          ライフスタイルなどを設計者さんや社長さんと話しながら描いて

          いただき、図面上ではあるものの

          初めて『自分たちの家』が形になり

          感慨深かったことを覚えております。


          さすが住宅メーカーの営業さんは

          お話しも上手で、グイグイと

          ワタクシたちを引っ張って行って

          くれました。

          営業さんのペースなので、なかなか休みをとれないワタクシには

          ついて行くのがやっと(笑)


          金融機関に住宅ローンの仮審査の申込みまでしてくれるのですから。


          それでも、なんでも聞いてしまうワタクシに対してもいろんなことを

          教えてくれたので、全く無知だった家づくりのことも少しずつ

          知識が増えていきました。


          ただ、伝えていた予算を大幅に

          超えていたことや図面まで

          書いていただいたのですから

          当然ではあるのでしょうが、

          説得させられてるような感じに

          なってしまい、一時保留にしました。





          そんな中、見学をさせていただいてからしばらく音沙汰のなかった

          家守さん。


          完成見学会のお知らせが来たので

          出向いてみると、やはり期待を

          裏切らないステキなお宅。


          素人目で見ても細かなところまで丁寧な仕事をされていて、とても心地よい空間。


          施主さまもいらっしゃったので、

          関根さんが離れた隙を

          見計らって(笑)、

          思い切っていくつか質問をさせて

          いただきました。


          家守さんに決めた理由は?

          ほかに比較された工務店さんは?


          などなど。


          やはり実際に建てられた先輩の

          お話しは説得力があり、とても参考になりました。


          関根さんには

          『家づくりはお客さまとするもの』

          というお話しをしていただきました。


          ちょっとお願いしただけで、

          家が完成していたら気持ち悪くないですか?

          時間も手間もかかるでしょうが、

          そうやって少しずつ建っていく家こそ価値があり、想いも気持ちも入り込んでいくと。



          人生をかけた大きな買い物だし、 

          決断を求められる家づくり。


          『家を建てる』ことは『どう生きていくか』と同じと言っても過言ではないのだと思うようになりました。


           

          営業の方がいるわけではなく、関根さんが何役にもなっている

          家守さんで追いかけてくる感じも

          ないことが逆にワタクシたちを

          ウズウズさせたかもしれません(笑)


          追いかけられると逃げたくなる

          背を向けられると不安になる


          まさに恋のようですね( ^ω^ )


          図面など具体的なことはこれからではありましたが、この時点で

          家守さんに、関根さんに

          建ててもらいたいとワタクシたちの

          心は決まっていきました。



          いつもダラダラと長くなりすみません。


          次回は設計の荒井さんを含めた

          打ち合わせなどについて書きたいと思います。


          それでは、またー。


          どんな家がいいんだろう

          0

            こんにちは。

            『農民Y』です。


            天候が安定しない中、稲刈りに追われて

            少し間が空いてしまいました…。



            さて、今回は


            ・どんな家を建てたいのか


            ・家守さんと出会うまで


            などについて書いてみたいと思います。



            あくまでも我が家のケースであり

            好みや感じ方などは違うかと思いますが

            ありのままに書き残してみます(笑)



            まず、どんな家を建てたいのかですが、

            家づくりについて全くの不勉強で

            イメージで探り始めました。



            ・大手ハウスメーカーさんはないかなー

            ・シンプルで飽きのこないデザイン

            ・自然な素材(無垢材、漆喰など)

            ・実家のように安心できる家

            ・人が集まれる場所

            ・収穫した野菜をみんなで調理して食べれる

            ・収納多め

            ・野菜やお味噌を保管する納屋

            ・憧れの薪ストーブ



            などが夫婦で話して出てきた

            キーワードでした。



            まずは住宅情報誌を読んでみたり

            友人がリフォームを依頼した工務店さんや

            たまたまFacebookで見たイベント情報

            などから選択してみることにしました。

            あとは雑誌『チルチンびと』からの情報も

            参考にしました。


            ワタクシ自身、定休日もなく

            なかなか休みがとれない状況だったので

            ゆっくりとした歩みで進めていきました。


            その中で気になった工務店さんが

            近くで開催される見学会に足を運ぶように

            しました。


            実際に見学させていただいたのは


            ・無垢木工房Iさん

            ・M印良品さん

            ・Nワンさん

            ・Fコーポレーションさん

            ・M建設さん

            ・S工務店さん


            そして、具体的に話しを聞いたり

            見積もりを出してみた


            ・S工房さん


            でした。


            実際に建てられた家を拝見させていただく

            ことで、自分たちの求める大きさやイメージ、雰囲気などが。

            また工務店さんそれぞれの考え方などなど、

            百聞は一見にしかずとはまさにこのこと。


            時間があればもっといろいろと見てみたかったと思うくらいでした。


            住宅展示場は見学しなかったのですが

            実際に住まわれるお宅の方が『リアル』を

            感じられてとてもよい機会となりました。



            そんな中、家守さんのことを知ったのは

            SUUMO注文住宅の栃木版でした。


            写真から伝わる雰囲気に惹かれ、見学が

            いつでも可能とのことだったので

            電話で申込みをしました。


            行ってみるとそこは社長である関根さんの

            お宅だったのです。


            そんなこととは知らず、前日か前々日くらいの急なお願いにもかかわらず、快諾していただき

            いまさらながら奥さまには

            ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした

            と、この場で謝罪させてくださいm(_ _)m



            見学させていただいたお宅は

            ウッドデッキやかわいい郵便ポストなど

            外観からすでにステキな雰囲気で

            期待は高まるばかり。


            お料理しながらリビング側の方と同じ視線で

            会話ができるようにと一段下がって

            動線も良いキッチン。

            土間には憧れの薪ストーブ!

            その上は開放感のある吹き抜け。


            玄関収納やキッチン、浴室まわりなどには

            既製品ではなく造り込みの家具が多いことで

             華美な感じはなくても統一感と

            センスあふれる雰囲気のお宅でした。


            家の説明などはそこそこに

            農業の話しで盛り上がったのを

            いまでも覚えております。




            これがワタクシたちの家守さんと出会うまでの流れとなります。


            次からはなぜ、家守さんに建てていただく

            ことにしたかなどをお話ししたいと思います。


            今回も長々と失礼しました。













            hnavilogo_04.png
            gnvtop_03.png

            gnv_05.png

            gnv_07.png

            gnv_03.png

            gnv_10.png

            gnv_15.png

            gnv_18.png

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 808glassさんの。
            • 808glassさんの。
              808 GLASS

            profile

            search this site.

            others